様々な響がいらっしゃるのです

前日は、やっぱ、駆け回りすぎてしまったみたいでした。あほな我々だ。前日は、G・W明けの第毎日目だったので、思い切って、小トリップのお天道様にしました狙いが、いつものスポットをあるく振る舞い、普段からいくようなお店をめぐってしまって、期間が過ぎてしまいました。
我々は、本音、悔やんでしまっています。日取りを立てますことは、大の苦手なのです。気の向くままに、リラックスをしたままで、3食、ゆっくりとよく噛んで食べて、健康に過ごしたいのです。
この間、耳鼻科をめぐってきました。我々は、冬季は、耳目途に、白いマスクにのど元には、マフラーをしていることが、ありました。白いマスクを付けますと、メガネがくもってしまうことがありまして、足どりが危険です。
5月になってからは、暑くなってきました。お医者様からは、耳目途を外して良しと、言われました。「また、冷え込んできたら、付けたら宜しい。」と言われました。
耳目途を外しますって、急に、意識が軽くなりました。涼しくなりました。そうして、スースーとしまして、外界からの響が良く、いらっしゃるようになりました。繁華町では、マイカーの響、人々の響など、様々な響がいらっしゃるのです。要注意に、我々は思いました。
そうして、好きな和食のお店で、敢然と面白く思い切り噛みながら、ランチを食べた後は、百貨店の中のきれいな便所で、ハミガキをしました。こちらの有名な百貨店は、昔から、ポイントが変わっていません。ついつい、とりわけ購入の日取りがなくても、百貨店の便所は、借りて仕舞うのでした。
そうして、百貨店の中には、銀行のエーティーエムがいくつもあるのです。我々は、わざわざ、それに行きまして、経費を引き出そうってしました。だが、誠に、暗証ナンバーを間違えたようなのです。再び、細かく屁理屈をしますと、その時に着ていましたアパレルの袖が、ダボついていて、袖が、余計な点数に触れてしまったのでした。
どんくさいなぁ。体調にも、自信のない我々、落ち込んでしまいました。
今朝は、敢然と、朝飯をとりました。ヒルドイド軟膏